カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

登場人物

りか@管理人

Author:りか@管理人
サーフィン暦だけは長く、人生の半分波に揉まれてます。ジャッジもやってます。ずーっとやってる割には上達しない。

きんぞう
故きんぞう(♂)。19歳5ヶ月で大往生でした。おっとり、のんびり、ぽよよ~ん。甘えん坊な可愛い奴だった。

しろ
しろ(♀)。16歳。父に拾われて家族になった野良出身猫。警戒心が強く、甘え下手。食べ過ぎでデカイ。

かずおくん
かずおくん。気長で温厚。2009年11月に結婚して彼氏から旦那様になりました。

父&母
父&母。こんな私に誰がした。いつも仲良しの父と母。

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

ユーザータグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法要

この間の日曜日は、きんぞうくんの四十九日法要だった。
・・・と言っても。
本当の満中陰は26日。
まだそれまではお家で毎日供養だけど。

月に一回、火葬場にお坊さんが来てお経を唱える日があって
前倒しで合同法要に参加して来ましたよ。
お経をあげてもらって、何かまた少し「きんぞうの死」
に対して、前向きになれた気がしましたよ。
泣く回数も近頃グッと減ったし。
(たまに泣スイッチは起動するけど)

この日は遺骨に何か特別なお供えをしてあげたいなーと
思って、パン焼いた。きんぞうパン。
私が好きなもの、全部好きだったから。
焼き立てパンやスイーツの好きな猫だったのです。
P1030859.jpg

このクソ暑い時に、チョコをあしらったパンを焼くなんて
どーかしてんぞ、私。
って位に毎朝チョコがやわやわになってます。

周りのパンは中にカマンベールチーズを入れたパン。
P1030854.jpg P1030856.jpg
自分で言うのも何ですが、超美味しく焼けた。
中からトローンと出て来るチーズがこれまた美味い。
今回、しっかりとしっかり生地をこねたから、きんぞうパンの
おかげだと思う。

少し前に焼いたメロンパンは、クッキー部分は良かったんだけど
パンの味がちょっと薄くて、私的には失敗でした。
しょぼーん。
P1030810.jpg

ストレス溜まってる時とか、肩が凝っている時とか
手ごねパン焼くと良いよ。
パン生地をバシバシ叩きつけてると心も体も結構
スッキリします。





人気ブログランキング
 
にほんブログ村
スポンサーサイト

幸せ者

先週末はゆみが子供を連れて線香をあげに来てくれ、
一昨日はかーちゃんが花やスイーツを持って
お線香をあげに来てくれました。

私を気遣って元気づけに来てくれたのもあるけど
いやはや、なんて言うか。

お花やお供え物貰って、線香まであげてもらえるとは、
何て幸せな猫ちゃんなんでしょーーー。

と改めて感謝感謝ですよ。
私にとっちゃ甘えんぼの子供みたいな存在だったけど。

きんぞうだけじゃなく、
私に対しても色々気遣ってくれた方々には本当に感謝感謝。
私もそんな気遣いの出来る大人にならねばと思いました。


もう泣き暮らしていません。
まだ、きんぞうが「ニャーン」って甘えながらひょっこり
現れそうな錯覚に陥りますが、頭で理解して感情が置いて
行かれてた頃に比べたら、すっかり気持ちが落ち着きました。

どんなに泣いても帰って来てはくれないから、
きちんと送り出す気持ちに切り替わりました。
今は、写真見てきんぞうとの思い出を噛みしめている所かなぁ。
写真や遺骨をなでなでして、しんみりはしてるけど。

仕事もしなきゃいけないし。
ずっと落ちてばかりもいらんない。
今日から光回線になって速度も快適になったし。
(申し込んでからかなり長くかかった)
きんぞうが亡くなってからの数日間、
理解してお休みを下さった取引先の方々にも感謝。感謝。
良い仕事で恩返ししなくちゃ。


先月ひいた風邪で、またもや気管支炎になってます。
ここ数年、風邪をひくと必ず咳だけが残り、
病院に行くと必ず気管支炎だと言われてしまう。
肺のレントゲンを撮っても綺麗。音も綺麗。
何でだろなー。


何か完全に書くタイミングを失ってしまったけど
きんぞうが亡くなる前のプラスエスの大会で
かずおくんはオープン、スペシャル共にギリギリ
ファイナリストの4位でした。

全然海に行けてない割には、頑張った。
・・・・と支部予選の時も書いたっけ。

んで、全然海に行けてないまま
来週はかずおくんが全日本選手権に出るので、茨城行きです。
私は応援団でついて行きます。
小さなきんぞうも連れて行くんだー。
(分骨袋に牙を入れてるのです)


人気ブログランキング
 
にほんブログ村

お見送り

10日の午後、母と一緒にお見送りの儀式へ行って来ました。

母が来てくれるまでの時間。
この時間が一番きつかった。

きんぞうの死を受け入れられなくて、
吐きそうになる程泣いて、のたうちまわって
ぽかーんとした後。
冷たくなった体を最後にもう一度綺麗にしてやり
お花をたくさん買いに行きました。

最後、息が止まる時に苦しんで痙攣したので
目がカッと見開いたまま硬直してしまい
目を閉じてやれなかった事が残念。
ビー玉見たいな自慢の目だったので
最後まで見て欲しかったのかなぁ。なんて。


火葬前の儀式は、人間と同じで
喉が乾かない様に、口にお水をつけてやるんですよ。
たくさんのお花や、好きだった餌を持って行くんですよ。

見たくない方も居るかと思うので、小さな写真で。
P1030802.jpg

手を合わせ最後のお別れをして、火葬へ見送り
火葬後には骨拾いをしました。

小さな小さな骨。
大きな病気をした事がなかったので、骨は白くて綺麗でした。

お焼香を済ませ、初七日の儀式までそこでやってくれたので
返骨された遺骨を家に連れて帰って、四十九日まで供養です。

葬儀の翌日、友達一家が泊まりに来る約束があり
頭が真っ白なので、断わろうかと思っていたけれど
かずおくんが珍しく強い口調で「絶対に来てもらえ」
と言うので、予定通り来てもらいました。
(私を家で1人にしておきたくなかった様子)

その友達、久しぶりに会う事になっていて
私も前からすごく楽しみにしていたし
それより何よりその友達
きんぞうのお母ちゃんを飼っていて、
きんぞうの幼少期のママ。
私に突然泣きスイッチが入ってもびっくりしない
心の許せる友達なので、結果来てもらって良かった。
ゆみ一家もお花や美味しいプリン(きんぞうに)を持って
やって来てくれ、夜には更に友達いっぱいいっぱいになり
少し元気になりました。
人が大好きな猫だったので、きんぞうもたくさんの人に
弔ってもらえて喜んでいたと思います。

おじいちゃんなりの元気な姿に会って欲しかったけど
きんぞうは、昔のママにも見送ってもらえる日に
息を引き取ったんじゃないだろーかと。


私があまりに落ちているので
かずおくんはずっと気にかけて側に居て
支えになってくれています。
この人と一緒に看取る事が出来て良かった。

きんぞうは、きっと2ヶ月間の新居生活の間に
「かずおに任せても、本当に大丈夫か」
見定めていてくれたのかもしれない。
もう僕が居なくても、大丈夫だよねって
見届けてから旅立った様なタイミング。

最後の最後まで、賢い飼い猫ちゃんでした。
少しづつ、死を受け止められるようになって来ました。
まだまだ涙腺ゆるゆるですけど。
きんぞうの写真をずーっと見ていて。
長い間いっぱい癒してくれたなぁとしみじみ。
大きな病気もせず、ちゃんと寿命をまっとうして
まさに大往生だった猫ちゃんに対して
帰って来てと思うのは間違っている。
こんなに私に愛情をくれてたじゃないか。

・・・と言う事が、理解出来る様になりました。

自分がどんなに溺愛していたかを思い知らされたのは
遺骨までもが全て愛おしい事。

送る側の私がしっかりしないと、四十九日経っても
きんぞうが行くべき場所に行けないかもしれない。
最後の最後まで、いっぱい愛情を与えてくれた
素敵な素敵な猫ちゃんでした。

きんぞう、長い間ありがとう。
P1030809.jpg


人気ブログランキング
 
にほんブログ村

きんぞうが旅立ちました

8月10日 2時40分頃
愛猫のきんぞうくんが19歳4ヶ月28日の
猫にとっては長い長い生涯を終えました。
かずおくんと一緒に看取ってやる事が出来ました。

昨日の朝に胸水を抜いたけれど
夕方には足腰が立たなくなってしまいました。
再度病院に連れて行く前に、私の顔を一生懸命見て
大きな音で喉をゴロゴロ鳴らしたのが、きんぞうくんの
最後の私への目一杯の愛情表現だったんだと思います。
かずおくんが帰って来るのを待っていたかの様に
夜に容体が急変しました。

もう心臓がこれ以上頑張れないって悲鳴をあげていました。
夜中に獣医さんと電話でお話して、悩んだ結果
お家で静かに看取ってあげる事にしました。

最後は苦しそうで見てられなかったけど、
きんぞうなりに目一杯頑張って、
私達の手に顔を乗せたり
前足を伸ばして来たり
うつろな目でじっとこちらの顔を見たりして
最後の最後まで、甘えん坊のきんぞうらしく
旅立って行きました。
自力で動けなくなってから10時間位。
呼吸困難に陥って3時間弱。
苦しい時間が少しでも短かったのが、救いでした。

今も横に居ます。
いつもみたいにグーグー寝ている様に感じます。
でも触ったら、とっても冷たい。

これが現実。

午後に親が来てくれるので、一緒にお別れの儀式に
行って来ます。
お花いっぱい買って来て、好きだった餌やおもちゃを
一緒に持って行ってもらおうと思います。


きんぞうくんと遊んでくれた皆さん、
ここでの写真を楽しみにしてくれていた皆さん、
きんぞうの容体を気にかけていてくれた皆さん、
最後の最後まで気にかけてくれた獣医さん、
ありがとうございました。

体調が悪くなる前日に、何気なく撮った写真。
P1030775.jpg

この姿が、最後に撮った元気な姿でした。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村

動物病院

きんぞうくんが越して来て、3週間経過。
そろそろこっちの病院に連れて行って健康診断がてらに
カルテを作っておいてもらわないと。

定期的に摂取している薬が切れた時に行って、
色々診てもらうのも大変だし。


・・・と思って元気いっぱいのきんぞうを連れて動物病院へ。
待合室で犬がワンキャン吠えあっていたのが怖かったのか
病室が怖かったのか、先生の治療が多少荒かったのか。

とにかく病院から帰って来てから、ゲーと吐いた。
その後、全く食事せず。

皮下点滴、抗生物質の注射、うんこ出し、血液検査。
調子が良くなる事はあっても、悪くなるって何だ。
夜もずっと箱座り。

かずおくんも「様子が変」って心配してて。
ウトウトしながらも、きんぞうの前足をずっと握って
気にかけてくれていたので、きんぞうも安心してウトウト。
P1030677.jpg


たまに起きては、調子の悪い時独特ののツリ目でこちらを見る。
うぬぬ、何でだ。
嫌な薬を飲ませるし、痛い病院に連れて行くし、うんこを強引に
ひねり出すし、最近の私は完全に悪者扱いされている。


朝になったら少し元気になってたけど、まだまだ。
どうしよーかな、病院かなと思ってたら昨日の病院から電話。
血液検査の結果を教えてくれて、腎不全かと思ってたけど
肝不全になって来てるのかもって言われた。

様子がおかしいままだったら明日連れて来てと言われる。
ここの先生は夜中でも緊急対応してくれるらしい。
んでもって、治療費がめちゃ安くてビックリ。
実家付近の動物病院だと、同じ事してもらった時はいつも
3倍以上のお金を払ってた。

動物病院の値段って、人間の病院と違って詳細が良くわからん。


ちなみにきんぞうさんは、午後からご飯を食べる様になって
何かよくわからないけど元気に戻りました。
抗生物質の注射が効いたのかな。


人気ブログランキング
 
にほんブログ村

 ホーム  »  次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。