カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

登場人物

りか@管理人

Author:りか@管理人
サーフィン暦だけは長く、人生の半分波に揉まれてます。ジャッジもやってます。ずーっとやってる割には上達しない。

きんぞう
故きんぞう(♂)。19歳5ヶ月で大往生でした。おっとり、のんびり、ぽよよ~ん。甘えん坊な可愛い奴だった。

しろ
しろ(♀)。16歳。父に拾われて家族になった野良出身猫。警戒心が強く、甘え下手。食べ過ぎでデカイ。

かずおくん
かずおくん。気長で温厚。2009年11月に結婚して彼氏から旦那様になりました。

父&母
父&母。こんな私に誰がした。いつも仲良しの父と母。

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

ユーザータグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見送り

10日の午後、母と一緒にお見送りの儀式へ行って来ました。

母が来てくれるまでの時間。
この時間が一番きつかった。

きんぞうの死を受け入れられなくて、
吐きそうになる程泣いて、のたうちまわって
ぽかーんとした後。
冷たくなった体を最後にもう一度綺麗にしてやり
お花をたくさん買いに行きました。

最後、息が止まる時に苦しんで痙攣したので
目がカッと見開いたまま硬直してしまい
目を閉じてやれなかった事が残念。
ビー玉見たいな自慢の目だったので
最後まで見て欲しかったのかなぁ。なんて。


火葬前の儀式は、人間と同じで
喉が乾かない様に、口にお水をつけてやるんですよ。
たくさんのお花や、好きだった餌を持って行くんですよ。

見たくない方も居るかと思うので、小さな写真で。
P1030802.jpg

手を合わせ最後のお別れをして、火葬へ見送り
火葬後には骨拾いをしました。

小さな小さな骨。
大きな病気をした事がなかったので、骨は白くて綺麗でした。

お焼香を済ませ、初七日の儀式までそこでやってくれたので
返骨された遺骨を家に連れて帰って、四十九日まで供養です。

葬儀の翌日、友達一家が泊まりに来る約束があり
頭が真っ白なので、断わろうかと思っていたけれど
かずおくんが珍しく強い口調で「絶対に来てもらえ」
と言うので、予定通り来てもらいました。
(私を家で1人にしておきたくなかった様子)

その友達、久しぶりに会う事になっていて
私も前からすごく楽しみにしていたし
それより何よりその友達
きんぞうのお母ちゃんを飼っていて、
きんぞうの幼少期のママ。
私に突然泣きスイッチが入ってもびっくりしない
心の許せる友達なので、結果来てもらって良かった。
ゆみ一家もお花や美味しいプリン(きんぞうに)を持って
やって来てくれ、夜には更に友達いっぱいいっぱいになり
少し元気になりました。
人が大好きな猫だったので、きんぞうもたくさんの人に
弔ってもらえて喜んでいたと思います。

おじいちゃんなりの元気な姿に会って欲しかったけど
きんぞうは、昔のママにも見送ってもらえる日に
息を引き取ったんじゃないだろーかと。


私があまりに落ちているので
かずおくんはずっと気にかけて側に居て
支えになってくれています。
この人と一緒に看取る事が出来て良かった。

きんぞうは、きっと2ヶ月間の新居生活の間に
「かずおに任せても、本当に大丈夫か」
見定めていてくれたのかもしれない。
もう僕が居なくても、大丈夫だよねって
見届けてから旅立った様なタイミング。

最後の最後まで、賢い飼い猫ちゃんでした。
少しづつ、死を受け止められるようになって来ました。
まだまだ涙腺ゆるゆるですけど。
きんぞうの写真をずーっと見ていて。
長い間いっぱい癒してくれたなぁとしみじみ。
大きな病気もせず、ちゃんと寿命をまっとうして
まさに大往生だった猫ちゃんに対して
帰って来てと思うのは間違っている。
こんなに私に愛情をくれてたじゃないか。

・・・と言う事が、理解出来る様になりました。

自分がどんなに溺愛していたかを思い知らされたのは
遺骨までもが全て愛おしい事。

送る側の私がしっかりしないと、四十九日経っても
きんぞうが行くべき場所に行けないかもしれない。
最後の最後まで、いっぱい愛情を与えてくれた
素敵な素敵な猫ちゃんでした。

きんぞう、長い間ありがとう。
P1030809.jpg


人気ブログランキング
 
にほんブログ村

コメント

ビックリしましたが…
最期をかずおさんと一緒の新居で過ごせて幸せだったと思います。
私の場合は相手が♀だったので?!その前に気を使われて
いなくなってしまいましたし…

ダンナいわく今でも夢に出てくるそうです。

きんぞうちゃんの画像には、いつも癒されてました。

こんなに愛されて、幸せなネコちゃんだったでしょうね。

きっと、喉をゴロゴロ鳴らしながら、いつも側に居てくれると思います。

読んでて、本当に愛があふれていて涙・涙です。

きんぞうさんには会ったことがないけれど、
いつもここで愛らしい姿に癒されていました。
りかさんも、本当にありがとうございます!

また、ここに会いにきます。
りかさんに今度会えた時には、いっぱいお話聞かせてください!

新居にお邪魔して、きんぞうちゃんと遊んで~って思ってたので、寂しいです。
前に会ってなでなでしたのが懐かしいです。
何て言葉にしたらいいのかわからないけど、りかさんの愛情や涙は、きんぞうちゃんにいっぱい今でも幸せを届けてると思います。

うちの実家の猫も17年生きてるんょ。この夏こせるかなぁっていつも話してるわ。毛並みも悪くなって、餌もほとんど食べなくなっちゃってさ。水ばっかり飲んでるわぁ(涙)きんぞうクン、最期は大好きなりかチャンと和雄クンと一緒にいれて幸せやったと思うなぁ。。。天国で暴れまわってくれるよ!自宅で犬飼いたいんやけど・・・最期を思うと飼えなくてねぇ。りかチャン、元気出してね!!

ありがとう

皆さん、コメントありがとう。

きんぞうが隣に居ない日々に馴れて来ました。
やっと頭で理解してても感情が追いつかない時期を
越えた気がします。

今は毎日お線香あげて、あーでもないこーでもないと
話しかけている毎日です。
淋しくないと言えば嘘になるけど、写真を眺めては
楽しかった日々を思い出したりしてます。

1人の時にたまーにポロっと涙が出る位。
もう泣き暮らしてませんから。
ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lautlaut.blog81.fc2.com/tb.php/1017-fea6da89

 ホーム 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。