カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

登場人物

りか@管理人

Author:りか@管理人
サーフィン暦だけは長く、人生の半分波に揉まれてます。ジャッジもやってます。ずーっとやってる割には上達しない。

きんぞう
故きんぞう(♂)。19歳5ヶ月で大往生でした。おっとり、のんびり、ぽよよ~ん。甘えん坊な可愛い奴だった。

しろ
しろ(♀)。16歳。父に拾われて家族になった野良出身猫。警戒心が強く、甘え下手。食べ過ぎでデカイ。

かずおくん
かずおくん。気長で温厚。2009年11月に結婚して彼氏から旦那様になりました。

父&母
父&母。こんな私に誰がした。いつも仲良しの父と母。

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

お気に入りリンク

このブログをリンクに追加する

ユーザータグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷える貝採り

父に誘われて、夕方の干潮に合わせて近所まで「マテ貝」採りへ。
自分の長靴を持って居ないので、父がスペアを貸してくれた。
じゃじゃ~ん。


あっちに行こうと浮島みたいになっている所を父が指差した。
長靴なので水の中もへっちゃらプー。
バシャバシャ


・・・・・のはずが。
足元が妙に冷たい。左足だけ。
ん?!


長靴を良く見ると、パックリ亀裂が入ってた。
おぅ。


いくら春めいて来たとは言え波乗り感覚とは違い、靴下濡れっぱなしは冷たいでごあす。
父は笑って。笑って。
はっはっはー。穴が開いてたかー。はっはっはー。
その後、適当に謝って。
帰る時には潮があげて来ていて、更に水嵩がアップ。
おんぶしてあげると言い出してたけれど。

いやいや。
そーゆー訳には行かないだろ。
小学生じゃあるまいし。
30超えた娘に。

ちなみにマテ貝は二枚貝。
貝と聞いて普通に想像するニ枚貝とは風貌が全く違う。
細長い、一見何だこれ?食べれるの?と言う見た目。
採り方も変わってて、面白い。

1)穴の表面の砂をスコップで5cm位取る。
2)細長い穴が開いていたら、そこに荒塩をひとつまみ入れて少し待つ。
3)マテ貝が居たら、ピュッと潮を吹くので顔を出すまで待つ。
4)顔を出したら、素早く横から手を砂に突っ込んで引き抜く。(一気に抜いては駄目)

ひょこっと出てくるので、よそ見していてはいけない。
力づくで持ったら、バキッと貝が割れるので力加減も必要。
父と「楽しいねー。」「ねー。」と言いながら採っちゃう位楽しい。

マテ貝採り 収穫 夕日

家に帰って、アサリはお汁に、マテ貝は酒蒸しにして食べた。
美味ー。

人気ブログランキング

コメント

お父さん

おんぶしてもらったらよかったのに。

きっとおとうさん、久しぶりに娘をおんぶした♪って思い出だけをツマミにして10年くらいは美味しいお酒が飲めるのに。

父とはそんな生き物のようです(。・_・。)ノ

そ、それは

そーゆーもんなんですか。
でもやっぱり恥ずかしいなぁ。

もしおぶってもらうんだったら父の為に体重をせめて後5キロ落としてあげたい。
老体が背負うには厳しい体重です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lautlaut.blog81.fc2.com/tb.php/422-9ced9291

 ホーム 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。